日経平均株価を見て景気動向を読み解こう

日経っていったい何?と言う初心者の方にでも分かりやすく経済について話を進めていきたいと思いますが、日経とは一般的には日経平均株価の事を指しており、時には日経225と呼ばれる事もあり、海外ではNIKKEI225とも呼ばれています。
毎日テレビを見ていると、ニュースでも「現在の為替と日経平均株価です」といった案内が行われた後にドルやユーロ対円のレートが示さているほか、日経平均株価とNYダウなどの価格が表示されていますが、投資を行っていない人にとっては見過ごしてしまっている部分でもあります。

先ず、日経平均株価とは日経や日経平均、日経225など、メディアによっても少し呼び名が異なっていますが、日経平均株価の事を指しています、
日本経済新聞社が東証1部上場している企業株の銘柄の中から日本を代表するような225銘柄を選出し、一定計算式によって数値化し、公表しているものです。

この日経平均株価に選出されている225銘柄ですが、食品分野を見てみると、アサヒ、味の素、キッコーマン、キリンHD、サッポロHD、JT、宝HD、ニチレイ、日清製粉、日本ハム、明治HD。
商社部門を見てみると、伊藤忠、住友商事、双日HD、豊田通商、丸紅、三井物産、三菱商事。
造船分野では川崎重工、三井造船となっています。
ここで紹介しているのは225銘柄のごく一部ではありますが、それでも日本でトップ企業と呼ばれている様な錚々たる社名がずらりと並んでいる事がお分かり頂けると思います。

では、この日経平均株価で、いったい何が分かるのでしょうか?
先述したようなまさしく日本を代表する企業225社の企業株の平均株価ですので、日本国内の経済状況が一目見て今は景気が良い、良くないといった事や、その企業や企業が属している分野の業績が伸びているなど、景気の動向がすぐに分かります。
初めのうちは日経平均株価だけを毎日見ていてもなかなか景気の動向は分かりずらいかもしれませんが、多くの情報を日々見ながら学んでいく事で投資や資産運用に関してももちろんですが、日本の景気に関しても熟知していく事が出来ますので、先ずは毎日のチェックから始めてみませんか。

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS
Read Comments

Leave a Reply