インデックス投資の基礎知識

株式関連で用いるインデックスという用語の意味は、証券市場全体や特定の証券グループの価格の動きを示す指標を指します。この指標の変動を活用した投資をインデックス投資と呼んでいます。インデックス投資とは、どんな運用方法なのかと言うと、日経225、TOPIX、ニューヨーク証券取引所におけるダウ平均、S&P500等の、市場の動きを表す特定のインデックス(指数)と連動した値動きを元に利益獲得を目的とする投資手法です。

例えば、東京証券取引所一部上場の国内株式全ての値動きを示すインデックスにはTOPIX(東証株価指数)があり、また、日経平均株価は、日経225とも呼ばる東京証券取引所一部上場銘柄約1700のうち各業種の代表的銘柄である225銘柄で構成されるインデックスです。投資家の心理としては、安定感のある株式運用との印象を持ちます。

なお、インデックスを利用した投資金融商品に「インデックスファンド」とよがれるものがありますが、この金融商品は、インデックスに連動した投資成果を目指して運用する投資信託です。これらのインデックスは、個別銘柄の株価指数を表すものではなく、株式市場全体を大きくとらえる指標で、市場の平均値と連動して利益獲得を目指す投資手法と言えます。

また、インデックス投資に対する手法として「アクティブ運用」と呼ばれる投資手法が合いますが、この手法は、インデックスの変動平均値より高い運用リターンを目指す投資手法であり、株式投資者のハイリターンを得ようとする心理にかなう投資手法です。

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS
Read Comments

Leave a Reply