日経株価を扱う投資家はプランを立てよう

日経株価を対象とした投資を行う場合、トレーダーとなる投資家たちはしっかりとプランを立てる必要があります。しかしプランと言っても市場に左右されるんだったら、むしろ無計画のほうが良いのでは?と思う方もいるでしょう。確かにそれも一理ありますが、ここで言うプランとはライフスタイルのことを指します。

日経株価を対象とした取引にはCFDや日経225先物がありますが、自分がどの時間帯に売買取引が出来るのか、決済期限などあったほうが良いのか…などによって使いやすく感じるかどうかが左右されます。例えば日中働いている方であれば、ほぼ24時間取引が可能なCFDのほうが使いやすいですし、逆に夜勤が多い方は日経225先物のほうが合っているでしょう。またCFDは満期日がないので決済期限に縛られずに取引できるのも、日経225先物と大きく異なるところです。

もし、夜間は基本的に時間が空いていて暇だという投資家の方には、日経225先物よりもCFDをお勧めします。過去に震災やテロなどの影響で日経株価の市場相場は大きく変動したり、深夜に大きなニュースが流れ、経済指標が発表されることもあります。そんな時、リアルタイムに対応できるのはCFDなので、万一に備える事ができて便利です。

CFDと先物の違いについて、詳しくはこちらのサイト225先物.netも、参照してください。

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS
Read Comments

Leave a Reply