日経平均株価を見て景気動向を読み解こう

日経っていったい何?と言う初心者の方にでも分かりやすく経済について話を進めていきたいと思いますが、日経とは一般的には日経平均株価の事を指しており、時には日経225と呼ばれる事もあり、海外ではNIKKEI225とも呼ばれています。
毎日テレビを見ていると、ニュースでも「現在の為替と日経平均株価です」といった案内が行われた後にドルやユーロ対円のレートが示さているほか、日経平均株価とNYダウなどの価格が表示されていますが、投資を行っていない人にとっては見過ごしてしまっている部分でもあります。

先ず、日経平均株価とは日経や日経平均、日経225など、メディアによっても少し呼び名が異なっていますが、日経平均株価の事を指しています、
日本経済新聞社が東証1部上場している企業株の銘柄の中から日本を代表するような225銘柄を選出し、一定計算式によって数値化し、公表しているものです。

この日経平均株価に選出されている225銘柄ですが、食品分野を見てみると、アサヒ、味の素、キッコーマン、キリンHD、サッポロHD、JT、宝HD、ニチレイ、日清製粉、日本ハム、明治HD。
商社部門を見てみると、伊藤忠、住友商事、双日HD、豊田通商、丸紅、三井物産、三菱商事。
造船分野では川崎重工、三井造船となっています。
ここで紹介しているのは225銘柄のごく一部ではありますが、それでも日本でトップ企業と呼ばれている様な錚々たる社名がずらりと並んでいる事がお分かり頂けると思います。

では、この日経平均株価で、いったい何が分かるのでしょうか?
先述したようなまさしく日本を代表する企業225社の企業株の平均株価ですので、日本国内の経済状況が一目見て今は景気が良い、良くないといった事や、その企業や企業が属している分野の業績が伸びているなど、景気の動向がすぐに分かります。
初めのうちは日経平均株価だけを毎日見ていてもなかなか景気の動向は分かりずらいかもしれませんが、多くの情報を日々見ながら学んでいく事で投資や資産運用に関してももちろんですが、日本の景気に関しても熟知していく事が出来ますので、先ずは毎日のチェックから始めてみませんか。

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS
Read Comments

日経225の相場を把握してインデックス投資を行う

多くの投資がありますが、理想的な投資を見つけなければなりません。
そんな中で日経225オプション取引を利用する投資家も少なくありません。
日経225オプション取引というのは、日経225の将来価格を考えていきながら権利売買を進めていきます。
オプション取引のメカニズムを把握しなければ、投機の渦へと巻き込まれてしまうことでしょう。
タイミングよく利益を得るためには、得られるオプション取引で権利をしっかりと出現させなければなりません。

日経225オプション取引においては、将来算出されるであろう権利行使価格を判断しながら投資を行います。
買う権利か売る権利を行使する必要があり、市場ではコールもしくはプットという形式で投資を行います。
相場において数週間の中で上昇していくと考えられればコール注文で、反対に相場が下がっていくようであればプット注文を行使することになります。
一日で数倍に利益が膨らむことがありますが、反対に損失が大きくなって資金を失ってしまうこともあります。
相場に注意しながら取引を進めていきましょう。

そこで損失を極力作らないように投資を行う方法として、インデックス投資があります。
相場を知りながらインデックス投資を行うこととなりますが、メリットとして少ない資金を利用して短期間かつ低コストで分散しながら投資を行うことができるという点です。
日経平均で取り入れられている銘柄に対して投資を行う場合であっても、ETFや投信の購入を行っていくだけで理想的です。

また資産の配分について考えていきながら投資を行いやすいという点もメリットとしてあります。
資産の配分というのは株式などの資産を選択して、配分を考えながら投資をしていくかです。
インデックス投資は資産の配分を決めていく点で活かさなければなりません。
インデックス投資について重要なポイントとなりますので、各国の投資家や金融機関の動向を理解しておくといいでしょう。

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS
Read Comments

インデックスの種類や分類について考える

インデックスは投資対象と同じような値動きをするようにシステム化されている投資商品の一つです。
このインデックス、投資信託の一つで、日経平均株価=日経225や、東証株価指数=東証TOPIXなどの株価指数=インデックスがあります。
購入するだけで投資を始められ、投資信託やETF(Exchange Treded Fund)=上場投資信託があり、総称して“インデックス ファンド”と呼ばれています。

現在、世界中の投資の中で一万種類以上のインデックスがあると言われています。
大まかに分けるとインデックスファンド、国内ETF、海外ETFの3種類があり、それぞれに債権や不動産、未来エネルギー関連などに関連したものをはじめとする商品などの市場動向を示し、連動しているインデックスファンドがあります。

投資の基本はリスク回避を考慮し、資産を分散させておく事です。
ではインデックスには実際にどのような分類がなされているのでしょうか。

日本株式や日本債権、日本不動産、外国株式や外国債券、外国不動産のほか、商品などが資産別となります。
地域別で見てみると、全世界、日本国内、アメリカエリア、ヨーロッパエリア、アジア+パシフィックエリア、中東+アフリカエリアとなります。
世界の国を大きく分けて先進国、新興国、アメリカ、中国、日本と言った個別国であったり、通貨別でみると、日本円や米ドル、ヨーロッパユーロなどとなります。
これらを目安にご自分の資産を分散させて大きなリスクを回避する事が、自分の資産を守る術となります。

初心者にとっては分類が多く、とても複雑な仕組みに思えますが、日経平均連動インデックスの場合はこれに似た値動きをみせますので、日経平均株価が上がれば投資信託価格は上がり、逆に日経平均株価が上がると、投資信託価格は下がる事になります。
これをみると、比較的投資の入門者であっても取り掛かりやすく、様々な投資の知識を、実際に投資をしながら身に着けていく事が出来ます。

では人気投資インデックスを見てみたいと思います。
日本株式ではやはりTOPIXに人気が高く、次いでラッセル野村プライム、FTSEジャパンやMSCIジャパンなど。
海外株式ではKOKUSAIやMSCIワールドインデックスやMSCI ACワールドインデックスなどとなっています。
ご自分がどの分類に属するどんな商品を購入し、どんな比率で資産を分散させるかも併せて考慮する必要があります。

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS
Read Comments

インデックス投資の基礎知識

株式関連で用いるインデックスという用語の意味は、証券市場全体や特定の証券グループの価格の動きを示す指標を指します。この指標の変動を活用した投資をインデックス投資と呼んでいます。インデックス投資とは、どんな運用方法なのかと言うと、日経225、TOPIX、ニューヨーク証券取引所におけるダウ平均、S&P500等の、市場の動きを表す特定のインデックス(指数)と連動した値動きを元に利益獲得を目的とする投資手法です。

例えば、東京証券取引所一部上場の国内株式全ての値動きを示すインデックスにはTOPIX(東証株価指数)があり、また、日経平均株価は、日経225とも呼ばる東京証券取引所一部上場銘柄約1700のうち各業種の代表的銘柄である225銘柄で構成されるインデックスです。投資家の心理としては、安定感のある株式運用との印象を持ちます。

なお、インデックスを利用した投資金融商品に「インデックスファンド」とよがれるものがありますが、この金融商品は、インデックスに連動した投資成果を目指して運用する投資信託です。これらのインデックスは、個別銘柄の株価指数を表すものではなく、株式市場全体を大きくとらえる指標で、市場の平均値と連動して利益獲得を目指す投資手法と言えます。

また、インデックス投資に対する手法として「アクティブ運用」と呼ばれる投資手法が合いますが、この手法は、インデックスの変動平均値より高い運用リターンを目指す投資手法であり、株式投資者のハイリターンを得ようとする心理にかなう投資手法です。

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS
Read Comments

日経株価を扱う投資家はプランを立てよう

日経株価を対象とした投資を行う場合、トレーダーとなる投資家たちはしっかりとプランを立てる必要があります。しかしプランと言っても市場に左右されるんだったら、むしろ無計画のほうが良いのでは?と思う方もいるでしょう。確かにそれも一理ありますが、ここで言うプランとはライフスタイルのことを指します。

日経株価を対象とした取引にはCFDや日経225先物がありますが、自分がどの時間帯に売買取引が出来るのか、決済期限などあったほうが良いのか…などによって使いやすく感じるかどうかが左右されます。例えば日中働いている方であれば、ほぼ24時間取引が可能なCFDのほうが使いやすいですし、逆に夜勤が多い方は日経225先物のほうが合っているでしょう。またCFDは満期日がないので決済期限に縛られずに取引できるのも、日経225先物と大きく異なるところです。

もし、夜間は基本的に時間が空いていて暇だという投資家の方には、日経225先物よりもCFDをお勧めします。過去に震災やテロなどの影響で日経株価の市場相場は大きく変動したり、深夜に大きなニュースが流れ、経済指標が発表されることもあります。そんな時、リアルタイムに対応できるのはCFDなので、万一に備える事ができて便利です。

CFDと先物の違いについて、詳しくはこちらのサイト225先物.netも、参照してください。

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS
Read Comments

投資信託のランキングは参考になる?

日本で個人が購入できる投資信託は実に3000本以上!この中からどれか1つを選ぶのは至難の業ですよね。ひとつひとつの投資信託の特徴を抑えるのは大変であり、現実ほぼ不可能とも言えるでしょう。そこで大概の方は、投資信託の人気ランキングや運用成績ランキングを参考にする傾向が見られます。しかし、ランキングばかりを意識していると大事なところを見落としてしまう恐れがあります。ランキング参考にする場合、どういったところに着目するべきなのか?そして逆に、どこに注意するべきなのか抑えておきましょう。

そもそも投資信託の人気ランキングは純資産残高や、資金流入額を元にして順位付けされています。どの投資信託が売れているのかを知りたい時には役立ちますが、運用成績の善し悪しを知りたい方にとっては別物となります。また人気ランキングで上位にある投資信託は、もしかすると金融機関の販売力の高さが大きく関係しているだけ…ということもありがちです。これでは、投資信託そのものとは全く話が異なってしまいます。さらに運用成績ランキングではマーケットがいつ上昇、下落するのか分からないので、上位にランクインしていたとしても数カ月先もそのままである保証はどこにもありません。

ランキングは投資信託を選ぶ際の参考にはなると思いますが、鵜呑みにしてしまうのはあまりにも危険です。その為、あくまでも情報のひとつとして捉えるだけに留めておいたほうが良いでしょう。

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS
Read Comments

日経225は何のランキング?

皆さんもご存じのように日経平均株価(日経平均)は、“日経225”という愛称でも親しまれていますよね。東京証券取引所市場第一部に上場する銘柄の内、取引の動きが活発で流動性の高い225銘柄を選びぬき、その中でダウ平均株価の株価平均型方式を基に計算されています。日本市場の流れを知るうえでは欠かせないデータです。よく「日経225って何のランキング?」という疑問を抱かれる方も少なくありませんが、ランキングではなく業種のバランスなど考慮しながら選ばれています。その為、定期的に入れ替えを行うことで、データが偏らないようにしているのです。

また、日経225をランキング形式で格付けしているサイトもよく見かけますよね。そのランキングは管理者が独自の判断で格付けしているだけであって、参考にするのは良いですが鵜呑みにすることはしないほうがいいでしょう。ただし、管理者も適当に選んでいるわけではなく、レバレッジや取引方式、約定力など様々な観点からあぶり出しています。なにかしらの根拠はあるので、初心者の方にとってはひとつの資料に、そして上級者の方にとっては自分の考えとどう異なるのか他人との答え合わせのように利用すると良いでしょう。

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS
Read Comments

株価指数を対象とするCFDの魅力

CFD取引は、金や原油、大豆小麦等の様々な商品の値動きに対応してその差金を投資リターンとして受け取る投資として知られていますが、このほかCFDの対象となるものに株式指数があります。株価指数とは、証券取引所で取引される株式の銘柄の一部(例えば日経225)または全銘柄のパフォーマンスを数値化したもので、一般的な株価指数の算出方法は、各構成銘柄の規模を考慮する時価総額加重平均法にとって行われています。株式指数を対象とするCFDで、株式指数のインデックスを元にしてその指数変化によって差益を得る投資で、一般には、「株式指数CFD」と呼ばれています。

株式指数CFDのメリットは、日本だけではなく世界各国の株式指数が投資対象となる事や、24時間いつでも取引が可能な点が挙げられます。また、株式指数CFD取引投資においても、指数が上がるか下がるかの2者択一の取引手法である「バイナリーオプション」も、東証株価指数を表すTOPIXやS&P500、ダウ平均株価等に連動させて行うことも可能です。

さらに、株式指数CFDを取り扱う証券会社のなかには、取引手数料を無料で提供しているところもあります。CFD取引は、一般には難解な取引と言われ、取引を始めるには事前のシミュレーションが必要とされますが、株式指数CFDといったインデックスを基盤とする取引では、十分なシミュレーションソフトが無料で提供されているので、まずは、ゲーム感覚で取引方法の訓練を行うのも一つの方法と言えます。

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS
Read Comments