インデックス投資の基礎知識

株式関連で用いるインデックスという用語の意味は、証券市場全体や特定の証券グループの価格の動きを示す指標を指します。この指標の変動を活用した投資をインデックス投資と呼んでいます。インデックス投資とは、どんな運用方法なのかと言うと、日経225、TOPIX、ニューヨーク証券取引所におけるダウ平均、S&P500等の、市場の動きを表す特定のインデックス(指数)と連動した値動きを元に利益獲得を目的とする投資手法です。

例えば、東京証券取引所一部上場の国内株式全ての値動きを示すインデックスにはTOPIX(東証株価指数)があり、また、日経平均株価は、日経225とも呼ばる東京証券取引所一部上場銘柄約1700のうち各業種の代表的銘柄である225銘柄で構成されるインデックスです。投資家の心理としては、安定感のある株式運用との印象を持ちます。

なお、インデックスを利用した投資金融商品に「インデックスファンド」とよがれるものがありますが、この金融商品は、インデックスに連動した投資成果を目指して運用する投資信託です。これらのインデックスは、個別銘柄の株価指数を表すものではなく、株式市場全体を大きくとらえる指標で、市場の平均値と連動して利益獲得を目指す投資手法と言えます。

また、インデックス投資に対する手法として「アクティブ運用」と呼ばれる投資手法が合いますが、この手法は、インデックスの変動平均値より高い運用リターンを目指す投資手法であり、株式投資者のハイリターンを得ようとする心理にかなう投資手法です。

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS
Read Comments

日経株価を扱う投資家はプランを立てよう

日経株価を対象とした投資を行う場合、トレーダーとなる投資家たちはしっかりとプランを立てる必要があります。しかしプランと言っても市場に左右されるんだったら、むしろ無計画のほうが良いのでは?と思う方もいるでしょう。確かにそれも一理ありますが、ここで言うプランとはライフスタイルのことを指します。

日経株価を対象とした取引にはCFDや日経225先物がありますが、自分がどの時間帯に売買取引が出来るのか、決済期限などあったほうが良いのか…などによって使いやすく感じるかどうかが左右されます。例えば日中働いている方であれば、ほぼ24時間取引が可能なCFDのほうが使いやすいですし、逆に夜勤が多い方は日経225先物のほうが合っているでしょう。またCFDは満期日がないので決済期限に縛られずに取引できるのも、日経225先物と大きく異なるところです。

もし、夜間は基本的に時間が空いていて暇だという投資家の方には、日経225先物よりもCFDをお勧めします。過去に震災やテロなどの影響で日経株価の市場相場は大きく変動したり、深夜に大きなニュースが流れ、経済指標が発表されることもあります。そんな時、リアルタイムに対応できるのはCFDなので、万一に備える事ができて便利です。

CFDと先物の違いについて、詳しくはこちらのサイト225先物.netも、参照してください。

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS
Read Comments

投資信託のランキングは参考になる?

日本で個人が購入できる投資信託は実に3000本以上!この中からどれか1つを選ぶのは至難の業ですよね。ひとつひとつの投資信託の特徴を抑えるのは大変であり、現実ほぼ不可能とも言えるでしょう。そこで大概の方は、投資信託の人気ランキングや運用成績ランキングを参考にする傾向が見られます。しかし、ランキングばかりを意識していると大事なところを見落としてしまう恐れがあります。ランキング参考にする場合、どういったところに着目するべきなのか?そして逆に、どこに注意するべきなのか抑えておきましょう。

そもそも投資信託の人気ランキングは純資産残高や、資金流入額を元にして順位付けされています。どの投資信託が売れているのかを知りたい時には役立ちますが、運用成績の善し悪しを知りたい方にとっては別物となります。また人気ランキングで上位にある投資信託は、もしかすると金融機関の販売力の高さが大きく関係しているだけ…ということもありがちです。これでは、投資信託そのものとは全く話が異なってしまいます。さらに運用成績ランキングではマーケットがいつ上昇、下落するのか分からないので、上位にランクインしていたとしても数カ月先もそのままである保証はどこにもありません。

ランキングは投資信託を選ぶ際の参考にはなると思いますが、鵜呑みにしてしまうのはあまりにも危険です。その為、あくまでも情報のひとつとして捉えるだけに留めておいたほうが良いでしょう。

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS
Read Comments

日経225は何のランキング?

皆さんもご存じのように日経平均株価(日経平均)は、“日経225”という愛称でも親しまれていますよね。東京証券取引所市場第一部に上場する銘柄の内、取引の動きが活発で流動性の高い225銘柄を選びぬき、その中でダウ平均株価の株価平均型方式を基に計算されています。日本市場の流れを知るうえでは欠かせないデータです。よく「日経225って何のランキング?」という疑問を抱かれる方も少なくありませんが、ランキングではなく業種のバランスなど考慮しながら選ばれています。その為、定期的に入れ替えを行うことで、データが偏らないようにしているのです。

また、日経225をランキング形式で格付けしているサイトもよく見かけますよね。そのランキングは管理者が独自の判断で格付けしているだけであって、参考にするのは良いですが鵜呑みにすることはしないほうがいいでしょう。ただし、管理者も適当に選んでいるわけではなく、レバレッジや取引方式、約定力など様々な観点からあぶり出しています。なにかしらの根拠はあるので、初心者の方にとってはひとつの資料に、そして上級者の方にとっては自分の考えとどう異なるのか他人との答え合わせのように利用すると良いでしょう。

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS
Read Comments

株価指数を対象とするCFDの魅力

CFD取引は、金や原油、大豆小麦等の様々な商品の値動きに対応してその差金を投資リターンとして受け取る投資として知られていますが、このほかCFDの対象となるものに株式指数があります。株価指数とは、証券取引所で取引される株式の銘柄の一部(例えば日経225)または全銘柄のパフォーマンスを数値化したもので、一般的な株価指数の算出方法は、各構成銘柄の規模を考慮する時価総額加重平均法にとって行われています。株式指数を対象とするCFDで、株式指数のインデックスを元にしてその指数変化によって差益を得る投資で、一般には、「株式指数CFD」と呼ばれています。

株式指数CFDのメリットは、日本だけではなく世界各国の株式指数が投資対象となる事や、24時間いつでも取引が可能な点が挙げられます。また、株式指数CFD取引投資においても、指数が上がるか下がるかの2者択一の取引手法である「バイナリーオプション」も、東証株価指数を表すTOPIXやS&P500、ダウ平均株価等に連動させて行うことも可能です。

さらに、株式指数CFDを取り扱う証券会社のなかには、取引手数料を無料で提供しているところもあります。CFD取引は、一般には難解な取引と言われ、取引を始めるには事前のシミュレーションが必要とされますが、株式指数CFDといったインデックスを基盤とする取引では、十分なシミュレーションソフトが無料で提供されているので、まずは、ゲーム感覚で取引方法の訓練を行うのも一つの方法と言えます。

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS
Read Comments